外でインターネットを使いたい時ってありますよね。

私もブログを書いたりする時に、カフェやファミレスなどにノートパソコンを持って作業をすることがあります。

自宅で作業をするのもいいですけど、作業がはかどらなかったり、人がいる所の方が作業に集中できたりするんですよね。

 

でも、何も用意せずにノートパソコンだけ持っていってもネット環境が用意出来なければ、もちろんインターネットは使えません。

そこで、外でインターネットを使う方法ですが、大きく分けて3つありますのでご紹介したいと思います。

 

無料(フリー)のWiFiスポットを利用する

まずは無料のWiFiスポットを利用する方法です。フリーWiFiスポットとも呼ばれますね。

これは、コンビニやカフェ、ファミレスなどに行くと用意されていることがあります。

有名なところですと、ファミリーマートやマクドナルドやスターバックスコーヒー、タリーズコーヒーなど、結構用意されていることが多いです。

この無料のWiFiスポットがあるお店に入れば、ノートパソコンからそのWiFiを拾ってインターネットを使うことができます。

知名度が高いところですと、下記になります。

 

コンビニ

  1. セブンイレブンの「7SPOT(セブンスポット)」
  2. ファミリーマートの「Famima Wi-Fi」
  3. ローソンの「LAWSON_Free_Wi-Fi」
  4. 「サークルK・サンクス」au Wi-FiとSoftBank Wi-Fiに対応
  5. 「ミニストップ」はSoftBank W-Fiのみ対応

 

カフェ

  1. スターバックスコーヒー
  2. ドトール
  3. タリーズコーヒー
  4. 上島珈琲店
  5. コメダ珈琲店

 

ファーストフード店

  1. マクドナルドの「マクドナルド FREE Wi-Fi」
  2. モスバーガーの「MOS BURGER Free Wi-Fi」
  3. ロッテリアの「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」
  4. フレッシュネスバーガーの「FRESHNESS FREE WiFi」

 

これらの店舗が近くにあるのであれば、利用してみるのが良いと思います。無料で使えるので損をする事はありません。

 

ただし無料WiFiスポットには、デメリットがあります。

それは、メールアドレスでの会員登録が必要になったり、WiFiが使える時間制限があったりする事です。

簡単に出来るところならいいんですけど、妙に時間がかかってしまう所もあります…。

また、WiFiが使えるのが1時間だけなど、時間制限があるところもあります。

無料WiFiスポットにもよりますが、無条件で使い放題、みたいな所は少ないのではないかと思います。

 

スマートフォンのテザリング機能を使う

スマートフォンには、テザリング機能というものが付いています。

これは簡単に言うと、スマホを通してノートパソコンでもネットが使えるようになる機能ですね。

スマートフォンの機種にもよりますが、設定の中を調べれば「テザリングモード」に出来るページがあるはずなので、それを使用すれば、すぐにでもWiFiを飛ばす事ができます。

そして、ノートパソコンからそのWiFiを拾えばインターネットを使うことができます。

 

テザリング機能のメリットとしては、スマホがあれば大体どこでも自由にネットが使える事ですね。

カフェなどでも使用されている人は多いのではないでしょうか。

ただ、スマホの回線を使用しているので、スマホの電波が届かない所では使うことができません。まぁ今はスマホのネットワークもかなりの広範囲になっていますので、田舎の山奥などでなければ、早々繋がらないことはないと思います。

また、データ通信の容量はスマホのデータ量を使う事になるので、動画を見たり、画像の多いページを閲覧するのには向いていません。すぐに通信量制限が来てしまいます。

 

大体スマートフォンの1ヶ月のデータ通信量は3GBや5GBで契約している人が多いのではないでしょうか?

例えばyoutubeで動画を見る場合、3GBなどは割とすぐ達してしまいます。通信量が制限になってしまうと、スマホがネットに繋がらなくなってしまうので注意しましょう。

 

なので、テザリング機能を外で使うのにおすすめの人と言うのは、「たまにネットを使う程度の人」ですね。

通常はオフラインで作業をしながら、必要な時にだけネットに繋ぐ、くらいの方がテザリング機能を使うのにピッタリです。

 

ポケットWiFi(WiMAX)を使用する

最後に、ポケットWiFi(WiMAX)を使用する方法です。

ポケットWiFiがあれば、回線が繋がるところであれば、自由にネットを使うことができます。

使い方はとても簡単で、ポケットWiFiのスイッチをONにして、ノートパソコンでWiFiを拾うだけです。

 

外でネットを使って作業をする事が多い人にとっては、必需品のようなものだと思うので、よくカフェなどで作業をされている方は、ポケットWiFi(WiMAX)を使っている方が多いと思います。

ポケットWiFiにも色々な種類がありますが、大きく分けると、月にデータ容量が7GB等の制限があるものと、通信量無制限で使えるものがあります。

あまりネットに繋がないのであれば7GBの容量のものが、ネットに沢山繋ぐのであれば通信量無制限のものが良いでしょう。

 

ポケットWiFiの価格としては、7GBなどの制限があるものであれば最安値で月額1,980円くらい、通信量無制限のものであれば月額3,600円くらいです。

これが高いと思うかは人それぞれですが、ポケットWiFi(WiMAX)は自宅用のネット回線としても使えるので、もし自宅で高いネット回線をつかっているなら、ポケットWiFi(WiMAX)で一本化すると言うのもおすすめです。

例えば、自宅で月額4,500円のネット回線を使っているとしたら、ポケットWiFi(WiMAX)に乗り換えれば自宅でもネットが使えますし、スマホより小さいくらいのサイズのルーターを持ち運べば、外でも自由にネットが使えます。

その上に月額面で見ても安くなるので、かなりお得になります。

もし今後外でネットを使う事が増えるような方は、検討してみても良いかもしれませんね。

 

【やってはいけない事】野良WiFiを使うこと

最後にやってはいけない事を紹介します。

それは野良WiFiの使用です。そもそも野良WiFiって聞いたことありますでしょうか・・・?

スマホやノートパソコンで近くでWiFiを使えるところを調べると、たまに誰のか分からないけれど、ロックがかかっておらず自由に繋げるWiFiがあります。これが野良WiFiです。

「無料で使えるかも、ラッキー!」と一瞬考えるかもしれませんが、使わない方が良いです。

個人情報を抜き取られる可能性がありますし、そもそも他人の回線なので使うことは避けた方が懸命です。揉め事の原因になるかもしれないですからね…。

 

まとめ

外でネットを使う方法には色々ありますが、無料や有料で使える方法など様々で、特長も異なります。

まとめると、

1.無料で短時間の使用なら、近くの無料WiFiスポットを探す。

2.ネットをそこまで使わない&無料WiFiスポットがないなら、スマホのテザリング機能を使う。

3.今後、外でネットを使う事が増えるなら有料のポケットWiFiを検討してみる。

と言った感じではないでしょうか。

 

余談ですが、たまに外で作業すると、作業効率がよくなるのってどうしてなんでしょうかね・・・。